定年退職の記念品の選び方

長年勤めていた会社を定年退職される方に、労をねぎらう意味で感謝の気持ちを是非伝えていきたいものですよね。

昨今は、定年退職=引退という響きも感じないくらい寿命が延びているなって感じますが、定年退職=第二の人生のスタートと捉えて新たな門出を祝う意味で記念品を贈ってみてはいかがでしょうか?

記念品の選び方は、通常はその職場の同僚達が合同でお餞別と一緒に贈ります。

記念品などの品物は退職後の生活を楽しんでいただくという意味で、定年退職される方本人の趣味に合ったものを贈るときっと喜ばれると思います。

また、趣味が分からなければ在職中の業績をまとめたような手作りのアルバム、寄せ書きなどでもいいかもしれませんね。
また、お花を贈るのも一般的とされています。

また、記念品などを贈る時期ですが、送別会を退職する少し前位に開いてその場でお渡しするのが、当日何かとあわただしい中、荷物でかさばらせないでいいかもしれません。

マナーですが、のし紙に書く表書きは「御餞別」「御末広」「御引退記念」「御退職御祝」「謹呈」(会社や団体からの場合) などがいいかと思います。

金額も品物の場合は5000〜10000円程度が目安かと思います。

内容も趣味の品(釣り用品、登山用具、ゴルフボール等)や、カバン、ネクタイなどの身の回りの品物が使ってもらえていいと思います。

また、定年退職される方が目上の場合で、個人で贈る場合は現金を贈るのはあまりよくないと思います。グループでまとまってというのであれば問題ないでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。