定年退職時記念品のマナーについて

定年退職される方へ記念品やお祝い品を贈るときは、長年勤続されてきた事へのねぎらいの気持ちと、感謝の気持ち、また第二の人生へ踏み出すための成功の念を祈って贈りましょう。

定年退職というのは、される本人にとっては本当に感慨深いものだと思います。

いままでの苦労や思い出を思い出してかみしめていることでしょう。

その、本人に職場全体からのお祝いや送別会などもものすごく大事だと思いますが、ご家族からの感謝の気持ちを込めた、ねぎらいの言葉をもらうのもものすごく大切だと思います。

仕事しかしてこなかった人たちが定年退職すると、気力がなくなる方もいますが、その気力を失うことなく、新たな人生の目標をきちんと持って頑張ってもらえるようにご家族のサポートが必要になってくると思います。

定年退職のお祝いをする際には、会社では職場単位で計画したほうがいいでしょう。特にお世話になった人に対しては、個人的にお祝いしてもいいと思います。

家族からの場合も家族全員でやってあげるのがすごくいいと思います。

お祝いを贈る時期についてですが、退職の前後あたりがいいかと思います。
あまり遅すぎたり早すぎたりしても間が抜けて後味悪かったりするかもしれませんので、前後1週間ほどがお勧めじゃないでしょうか?

記念品の金額の目安についてですが、10,000円前後が妥当かと思います。

多すぎると敬遠されますし少なすぎてもちょっと・・・だと思うので妥当金額は把握しておいたほうがいいかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。